野菜・果物のお役立ち情報

素材の目利き

29件中  5件表示  <2125>
2012/12/18
皆さんこんにちは。KIFAの目利き番、熊木です。
第9回は、ほうれん草についてご紹介します。

12月から2月にかけて、葉物野菜は特に美味しくなります。
ほうれん草に限らず、葉物野菜というのは、寒暖の差(10℃以上)によって
旨味成分が作られ甘みが出て、美味しい野菜になります。
ちなみに、ほうれん草は、95%がハウス栽培、残りの5%が露地栽培で
生産されていますが、冬は露地栽培のものが多く出回っています。
ちなみに、お雑煮に使われる小松菜や鍋の水炊き等で使われる水菜も
この時期に多く出回りますが、同様の目利きでOKです!
この時期の葉物野菜はこれでバッチリ!
2012/11/29
皆さんこんにちは。KIFAの目利き番、熊木です。
第8回は、かぼちゃについてご紹介します。

かぼちゃは、紀元前6000年頃にメキシコの地層で発見された野菜で、
日本には、江戸時代末期頃にカンボジアから輸入されました。
「カンボジア」が訛り「かぼちゃ」になりました。

さて、早いものであと1ヶ月後には冬至を迎えます。
冬至にはかぼちゃを食べて柚子湯に入れば風邪を引かないと言いますが、
その昔、冬至は生命が終わりを迎える時期だと考えられていました。
そこで、無病息災を祈願し、滋養がつくものを食べ、
冬の寒さを乗り越えようという風習が生まれたのが成り立ちです。
ちなみに、北国では、かぼちゃをおしるこに入れて食べる風習があります。
かぼちゃ本来の甘みが溶け出し、美味しいおしるこになります。
好みにより塩を少し入れる通な食べ方もありますよ。
2012/10/25
皆さんこんにちは。KIFAの目利き番、熊木です。
第7回目は、白菜の目利きについてご紹介します。

そろそろ鍋の季節ですね。白菜が旬な季節です。
皆さんが普段スーパーで目にしている白菜は、実は黄芯白菜という品種の
もので、鍋に彩りを与えるために開発された鍋用の白菜だということは
ご存知でしたか?
今では一般的に白菜といえば黄芯白菜のことを指していますが、
本来の白菜は、芯がもっと真っ白なものなんです。
他にも漬物用に開発されたオレンジ白菜という品種もあり、
黄芯白菜よりも、もっと黄色味が強い白菜もあるんですよ。

しっかり目利きして、美味しい白菜を食べてくださいね!
2012/09/27
皆さんこんにちは。KIFAの目利き番、熊木です
第6回目は、ねぎの目利きについてご紹介します
ねぎは身近な野菜の一つ。毎日の食卓で活躍していますが
実は、収穫までに2年もかかっている、有り難い野菜なんです!

しっかり目利きして、美味しいねぎを食べてくださいね!
2012/09/27
皆さんこんにちは。KIFAの目利き番、熊木です
第5回目は、なすの目利きについてご紹介します
ナスは判りやすい目利きポイントが少なく、
ちょっと難しいかもしれません。

しっかり目利きして、美味しいナスを楽しんでくださいね!
29件中  5件表示  <2125>
KIFAがお届けする野菜・果物のお役立ち情報
産地レポート

メールフォームからのお問い合わせ

KIFAゼリー・たけのこ水煮用フリーダイヤル
(商品部)

0120-072-541

平日9:00-17:00

代表電話番号 (総務人事部)

03-3227-8700

平日9:00-17:00

ゼスプリ