会社案内

株式会社ケーアイ・フレッシュアクセス「サステナビリティ推進基本方針」

[Ⅰ]基本理念

ケーアイ・フレッシュアクセスは、経営ミッションである「時代のニーズに適合した価値ある流通構造の構築」の更なる実現を通した、地球環境や社会課題への対応を経営方針の最重要事項のひとつとして捉える。
また、経営理念「食を取り扱う企業の社会的責任を自覚し、生活者の健康と地球環境に配慮した社会に有用な会社」として、企業行動基準に基づいて事業を継続することにより、持続可能な社会の実現に貢献する。

[Ⅱ]行動指針

上記基本理念のもと、ケーアイ・フレッシュアクセスのサステナビリティ1推進のために本行動指針を定める。
  1. 重要課題を特定して、社会課題の解決に資するビジネスの推進
    社会の一員として、自社のみならず社会にとっても持続可能な成長につながる重要課題を選定し、事業活動を通じて企業価値向上を目指します。
  2. 社会との相互信頼づくり
    積極的にステークホルダー2と双方向の対話を行うことにより、社会からの期待や要請を受けとめ、それらを実践していくことで信頼される企業を目指します。
  3. 環境・人権に配慮し、持続可能な資源利用に繋がるサプライチェーン マネジメント3の強化
    国内法制度及び社会規範を尊重し、生活を脅かす環境汚染や人権・労働問題の未然防止に努めることはもちろん、気候変動の緩和と適応、生物多様性及び生態系の保護など地球環境の保全や人権に配慮した事業活動を推進します。
    取扱商品のサプライチェーン上の資源(大気、水、土地、食糧、化石燃料、動植物等)の利用状況及び人権・労働への配慮状況の把握に努め、取引先に当社のサステナビリティに対する考え方への理解と実践を求め、持続可能なバリューチェーン構築を目指します。
  4. サステナビリティ推進に向けた社員への教育・啓発
    「サステナビリティを推進するのは社員一人ひとり」であることから、社員に対し社会課題解決に関する意識を醸成するための教育・啓発活動を行います。
    社員一人ひとりが、国内の法令諸規則及びその他当社の合意した事項を順守し、本方針に基づき各組織のアクションプランを実行することで、本業を通じた社会への貢献を目指します。
2019年9月
代表取締役社長
沢野井 誠
  • 1 持続可能性。企業戦略上のコーポレート・サステナビリティとは、企業が事業活動を通じて、環境や経済など社会全体に対して与える影響を考えながら、長期的な運営を目指す取り組み。
  • 2 企業などの組織が活動を行うことで影響を受ける利害関係者。株主・経営者・従業員・顧客・取引先など。
  • 3 原材料が調達されてから商品が消費者に渡るまでの生産・流通プロセスのこと。供給連鎖。

KIFAのSDGS実現に向けた取り組み

ケーアイ・フレッシュアクセスは、経営ミッションである「青果のネーションワイド・ディストリビューターとしてお客様に貢献する機能を磨き、一人ひとりの生活を豊かにする価値を創造」することを通して、地球環境や社会への課題に積極的に対応し、持続可能な社会の実現に貢献して参ります。
【 KIFA事業活動 】
①流通過程でのロスを削減
全国一律の物流ネットワークを構築し各店舗と繋ぐ中で、需要を的確に予測し需給調整を実施のうえ、最適な物流量を実現しています。
保管・配送をコールドチェーンで繋ぐことで、商品の劣化を防止します。
最適な食べごろを実現する適熟加工と、無駄にならない適量加工により無駄の発生も抑制できます。
②「がんばれ九州!ホークス応援バナナ」販売
自社の企画商品「がんばれ九州!ホークス応 援バナナ」の売上げの一部を、コロナ禍で逼迫 する医療現場・医療従事者への支援として公 益社団法人日本医師会へ寄附し、医療従事者・ 医療現場支援に役立てます(2021 年 3 月より 販売開始)。

③リターナブルコンテナの活用推進
ダンボールと違い、耐久性が高く何度も使用できます。
毎回大量のごみを生み出す使い捨てではなく、プラスチック物流資材のリターナブル化を図り環境負荷を軽減しゼロエミッションの実現に貢献します。
またオールプラスチック製の為、リサイクルが容易です。
④食物残渣の削減
取引先から回収される返品商品(クレーム対象)を仕入先へ返却しています。仕入先不明の返品商品や、仕入先が引取り不可能な返品商品は一般廃棄物(食物残渣)として排出・処理されます。
機械内で、微生物と投入された生ごみとが撹拌されて処理されるスキームを確立し、加熱処理等はなく、食物残渣の大幅な削減を実現しました(処理容量 1,100Kg/日 33,000Kg/月)。

【 KIFA活動とSDGSとの関連 】
◆環 境
テーマ 主な活動 内 容 関連するSDGS
資源循環・廃棄物 流通過程でのロス削減 ・全国物流ネットワークによる、最適な物流量を実現
・コールドチェーンによる商品劣化の防止
・適熟加工、適量加工による廃棄抑制
食物残渣の廃棄削減 ・残渣減容機を導入運用
廃棄量削減・積載効率化によるトラックの燃費向上 ・耐久性のあるリターナブルなプラスチックコンテナを使用
段ボールの廃棄削減 ・分別、再利用の推進
発泡スチロール箱の廃棄削減 ・発泡溶解機を導入し、運用スキームを確立
紙の大量使用の抑制 ・クラウドFAXシステム導入による紙使用量削減
気候変動を緩和する 電力消費削減 ・川越SCでは蛍光灯からLEDに変更
・室外機の効率的な可動(シェアードを設置)
◆社 会
テーマ 主な活動 内 容 関連するSDGS
地域社会への貢献 「子ども文庫助成事業」支援 ・読書啓発事業(団体)への支援
・病院、施設、被災地の子どもたちの教育の機会の損失をカバー
がんばれ九州!ホークス応援バナナ ・コロナ禍で逼迫する医療現場・医療従事者への支援として、売上げの一部を公益社団法人日本医師会へ寄附し、医療従事者・医療現場支援に役立てます(2021年3月より販売開始)。
KIFAのSDGS実現に向けた取り組み

メールフォームからのお問い合わせ

KIFAゼリー・たけのこ水煮用フリーダイヤル
(商品部)

0120-072-541

平日9:00-17:00

代表電話番号 (総務人事部)

03-3227-8700

平日9:00-17:00

ゼスプリ